So-net無料ブログ作成

北勢線・ミニ電車の旅 [ぶらり旅]

しばらくの間は、ブログ再開までの時期(8~9月)の記事をつづっていきます・・・。

三重県北部のローカル私鉄・三岐鉄道北勢線にちょっとした電車旅に行ってきました。
始発は西桑名駅・・・JR・近鉄桑名駅より少し離れたところにあるこじんまりした駅です。
DSCF3923.JPG
この路線は実に貴重でして、線路幅が狭いナローゲージ(762mm)でかつては全国各地に「軽便鉄道」として存在してましたが、車社会の発展で次第に姿を消し今では、ここと近鉄内部線、黒部峡谷鉄道のみになってしまいました。
線路が狭いので電車もこんなに小さいサイズです。
DSCF3925.JPG
のどかな田園風景の中を鈴鹿山地に向かって北進し、およそ50分ほどで終点・阿下喜駅に到着。
DSCF3936.JPG
近年、駅自体が整備されかつてあった転車台が保存されています。
DSCF3935.JPG
その奥には、かつて走っていたモニ220形が見える所に保存されていまして、これは嬉しかったですね・・・。
DSCF3932.JPG
近鉄時代(左側リンク参照)に2回乗ったことがあるんですが、その頃に比べダイヤ増発や駅の整備、統合など、経営難なのに積極的な改善も行われて、今なお地元の足として生き続けています・・・。
のんびりした雰囲気の電車旅・・・いつまでも走り続けて欲しいものです・・・。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 2

masa

この路線は幅が狭いんですよね。
写真で見た程度ですが、ロングシートに向かい合わせに
座ると結構窮屈なように感じました。
by masa (2012-10-08 19:05) 

アキーロ

>masaさん・・・確かに車内は、向かい合わせになると
通路は人が通りにくい感じでしたね・・・。
by アキーロ (2012-10-09 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。